2021-12-09
Breaking News

独立後に痛感する営業力と人脈構築の大切さ

独立しやすい環境が整っているIT業界では、会社を辞めてフリーランスに転身する人も多くいます。フリーランスは文字通り自由な働き方ができるのが魅力ですが、案件の受注から契約交渉に至るまで全て自分で行わなければいけません。
そのため、フリーエンジニアとして息の長い活躍を続けていくには、営業力と人脈作りが必要になります。フリーとして営業を行う上で重要となるのが知名度を上げる作業です。

フリーに成りたての頃はエンジニアとしての実績もなければ知名度もありません。個人のホームページやSNSを活用して仕事を依頼するクライアント達に自分という存在を知ってもらうことが第一歩となります。
それまで務めていた会社が信頼できる大手だった場合、肩書を利用して自己アピールするのも1つの手です。業務中はもちろん、プライベートでも常に名刺を携帯してすぐに渡せるように準備しておくことも忘れてはいけません。

人脈作りも同様にSNSを始めとしたネットの利用が有効です。人によって個人差はありますが、SNSのフォロワーは大半が趣味やプライベートの友人、仕事関係で占められています。そのため、誰か1人と接触すればその人のフォロワーを辿って芋づる式に同業者を見つけることも可能です。
ただし、SNSの繋がりだけでは相手がアカウントを削除した時に関係が途切れてしまいます。交流会など顔を合わせる場に積極的に参加をして、関係を深めておくことが効率良く人脈を広げる秘訣です。